読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまには愚痴

伯母の相続問題。
第三相続とやらで認知症の父と従姉妹が相続人のため大変面倒。
少しずつ進めてはいるが、
まだ、道に面していない面倒な土地の問題や、色々な手続きが解決しないまま。

今日、公共料金や土地の税金が引き落としになる伯母の通帳から、電気代が引き落としできないという葉書が父のところに届いているのを見つけた。
それも私が、父の手元の書類を確認しなければ見つけられなかった事態。
引き落としできなかった額はなんとたったの253円
伯母の生前は、税金の払い込みなどの手続きを窓口でしたり、 引き落としになるものを全部チェックしながら、年金の入る通帳からまわしたり、全部私が頑張ってやっていた。
最低一年分は余裕があるように調整しておいたのに~~
弟が引き出してしまったから、案の定こんなことになるのだ。
そして今、通帳は相続人の一人である従姉妹の手元にあるから仕方なく、従姉妹に連絡して入金を頼んだ。
従姉妹の反応は相変わらず…最初はしぶしぶみたいな感じで、話をしても気分がスッキリしない。
今までずっと、こうしてお金の管理をしてたのは私なのに。
なぜ私が「申し訳ないけど、よろしくお願いします」
と言わなければならないのか…
腑に落ちないことばかり(-_-;)